土地を売りたい時はどうする?不動産業者の口コミ

土地を売りたい時にどうしたら良いか分からない方がほとんどだと思います。私も、土地売却の経験がありますが、本当に信頼のおける不動産業者を探すというのは本当に一苦労です。その中で、土地売却の基礎知識から不動産業者の口コミや評判を掲載していきます。


不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」>>管理人が実際に利用した一括査定サイトはコチラ<<

土地売却時の司法書士について

2022/09/06

土地を売却する際には、不動産会社に依頼すると思います。
その他にも法律関係や税務関係などが絡みますので、不動産会社だけではなく、様々な業者と関わる事になります。
その中でも今回は、土地売却時の司法書士について記載していきます。

土地に買手が見つかると所有権を買主に移転する作業をしなければなりません。
司法書士の仕事は、この所有権移転、つまり不動産登記をする事です。

【司法書士の費用は?】

司法書士の費用は、基準が設けられており、全ての手続きを依頼した場合、5万円から15万円程度です。
だいたいは不動産会社からの紹介で司法書士との手続きを行いますが、費用は全て売主が負担しますので、その分も計算に入れておく必要があります。

マンションの権利を移すのは、抵当権などの処理や複雑で専門的な知識が必要になりますので、素人では難しく、司法書士に依頼しなければなりません。

【権利書を紛失した場合には?】

権利書を紛失した場合でも手続きをしてもらう事ができます。
しかしながら、その分も費用が高くなります。
司法書士が登記等の権利移転に伴う手続きをする際に発生する交通費や印紙代は別途で必要なので、総額30万円近くになる場合があります。
ですから、権利書は大切に保管しておきたい所です。

司法書士は、依頼した不動産会社の紹介から依頼する事もできますし、自分で探す事も可能です。
業者によっても価格は異なりますので、自分で色々な業者を見てみるというのも良いと思います。
複数業者に見積り依頼をして、自分に合った業者を選択するのも良いでしょう。

【260万円も高く土地の売却ができた】
▼ ▼ ▼ ▼ ▼

土地売却の一括査定をする

【イエイとは?】

  • 30秒で最大6社の査定ができる
  • 全国1,000社の優良業者が参加
  • 150万人以上の利用実績
  • どんな物件でも対応可
  • 相談の対応が早い

30秒で最大6社の査定ができ、
簡単に比較検討する事が可能です。
150万人の利用実績があり、不動産の売却に関する相談も中立の立場から行ってくれます。



我が家の土地売却体験談も参考にしてください

土地売却の体験談はコチラ

土地売却の体験談

【2分43秒より利用者の声も配信】


-お役立ち情報